界面活性剤の種類と特徴

分類表示名称特徴洗浄力髪への影響泡立ち髪質カラーの持ち
高級アルコール
  • ラウリル硫酸Na
    陰イオン性界面活性剤の1つ。乳化剤や発泡剤、洗浄剤として、日用品では歯磨き粉、シャンプー、髭剃りクリーム、泡風呂、リキッドファンデーションなど、医薬品では薬・サプリメントのカプセルなど、工業用としてはガレージのフロア用洗剤、エンジンの油落とし洗剤、洗車用洗剤などの多く用途に使用されている合成化学物質である。12個の炭素原子鎖が硫酸塩に接続された構造を持ち、洗剤に不可欠な両親媒性特性を有する。石鹸を含む他のすべての界面活性剤と同じく皮脂を取り除くため、皮膚や眼に炎症を起こす可能性がある。 特に、眼に入った後は大量の水で洗い流す必要がある。
  • ラウリル硫酸TEA
    乳化剤・分散剤・湿潤剤・希釈剤・界面活性剤として使われる。TEAとはトリエタノールアミン (triethanolamine) の略。他のアミン同様、窒素原子上の孤立電子対により弱塩基性を示す。三個のヒドロキシ基を有することにより、水溶性とキレート能を示す。脂肪を取り除くので皮膚が乾燥し荒れる。皮膚から吸収されると、皮膚、粘膜眼を刺激する。
  • ラウレス硫酸Na
    陰イオン界面活性剤の1つ。用途はシャンプー、歯磨き剤、発泡剤、業務用洗剤、脱脂剤等多岐にわたる。ラウリル硫酸より分子量が大きいため浸透性が低く低刺激。
  • ラウレス-5硫酸Na
    ラウレス硫酸-n硫酸ナトリウムと表記される場合のnは(OCH2CH2)の数を表す。n=3のLD50は1995 mg/kg(ラット:経口)
  • ラウレス硫酸TEA
    ラウレス硫酸トリエタノールアミン
洗浄力が高く泡立ちもいいが皮膚の刺激や髪のダメージが強くなっている安価な活性剤。×油っぽい
汚れが多い
×
両性
  • コカミドプロピルベタイン
    コカミドプロピルベタイン(CAPB)は、ヤシ油およびジメチルアミノプロピルアミンに由来する有機化合物の混合物で、起泡剤や中強度の界面活性剤としてハンドソープなどの製品に使用されている。また、乳化剤や増粘剤として化粧品にも使用され、帯電防止剤としての機能も持つ。ヘアコンディショナー等で皮膚や粘膜を刺激しない成分として頻繁に使用されているが、いくつかの研究ではアレルゲンであるともされている。
  • ココアンホ酢酸Na
硬水でも泡立ちがよく高い洗浄力を持つ。髪や地肌には刺激が弱い。
α-オレフィン酸洗浄力が高く泡立ちもいい。高級アルコールより刺激がやや弱い。油っぽい
汚れが多い
×
   アミノ酸系グルタミン酸
  • ココイルグルタミン酸Na
  • ラウロイルグルタミン酸Na
皮膚や髪に刺激が弱い高価な活性剤。洗浄力が弱く泡立ちがよくない。損傷毛
乾燥毛
デリケート毛
  • アラニン系
  • グリシン系
  • ラウロイルメチルアラニンNa
  • ココイルメチルアラニンNa
  • ラウロイルサルコシンNa
  • ココイルサルコシンNa
皮膚や髪に刺激が弱い高価な活性剤。グルタミンより洗浄力や泡立ちが良くなっている損傷毛
デリケート毛
タウリン系
  • ココイルメチルタウリンNa
  • ラウロイルメチルタウリンNa
含硫アミノ酸というタウリンからできている。髪、皮膚に優しい低刺激性。AMTとよばれている。損傷毛
デリケート毛
タンパク質由来系(PPT)
  • ココイル加水分解コラーゲンNa
コラーゲン等のタンパク質を加水分解して得られるポリペプチドを元に作られる。
髪、皮膚に優しい低刺激性で皮膚、髪のタンパク質と似ているのでコンディショニング性が高く毛髪補修効果がある高価な活性剤。洗浄性、起泡性は弱い。
損傷毛
乾燥毛
デリケート毛
スルホコハク酸
  • スルホコハク酸ラウレス2Na
泡の持続力に優れ、他の活性剤と組み合わせると起泡力が増す。泡切れがよくさっぱりした洗い上がり。高級アルコールを原料としているが、高級アルコール系より皮膚刺激が弱い。普通毛
    石鹸系アルカリオレイン酸Na石鹸の事。洗浄力があるがpHが高いため皮膚に刺激がある。水の中のカルシウムイオンと結合してスカムという石のような物質を作り、髪に吸着し髪が硬くなる。×油っぽい
汚れが多い
×
酸性ラウレス-3酢酸Naアルカリ石鹸を改良した物で、弱酸性で刺激が弱い。合成の油を使用しており高級アルコール系に似ている。普通毛
アミドエーテル硫酸系
  • PEG3-ヤシ油脂肪酸アミドMEA硫酸Na
高級アルコール系の泡立ちの良さがありAMTに構造が似ているので皮膚刺激は弱い。普通毛
ベタイン系
  • ラウラミドプロピルペタイン
  • ココアンホ酢酸Na
目に対する刺激が弱く皮膚にもやさしいため、ベビーシャンプーに使用される。損傷毛
デリケート毛
アミノ酸系ラウリミノジプロピオン酸Na目、皮膚に刺激が最も少ない。損傷毛
デリケート毛